kkn

記事一覧(5)

お肌のたるみには??

肌(お顔)のたるみをなくしたい!もしくはこれ以上下がらないで・・・!!そんな方にはセラミド・ビタミンB群・イソフラボンを採るといいそうです☆☆肌の細胞同士を埋め、水分の蒸発を防ぐのがセラミド。不足するとと水分が蒸発して肌のハリを失われるそうです。また加齢とともに女性ホルモンが低下しすると肌がたるみがち。女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンをとる必要も。そしてそのほか新陳代謝や再生にかかわるビタミンB群も大事。以上のことから大豆製品(イソフラボン)やこんしゃく(セラミド)、ごぼう(セラミド、噛みごたえがあるのも良い)、肉魚(ビタミンB群)をバランスよく摂取する事がたるみを防ぐでしょう。その他に、耳つぼにもたるみを防ぐつぼがありますよ~。一緒に刺激してみてください!!耳つぼマップをご確認!!「額」 「頬」」がおすすめ。あともう一つ最後に、たるみUPのマッサージ方法を!!まず、手のひらであごから頬へそしてこめかみまでゆっくり引き上げて、そしてそのまま頭皮まで引き上げて最後頭頂まで押し上げて見てください。とっても気持ちがいいし、顔の頬が上がっているのをご確認ください(*^_^*)*耳ツボも一緒に刺激すると更にいいです!!

暑い夏を乗り越えよう!!

暑い夏を健康に乗り切る為には、食事(栄養)・睡眠(疲れ)・水分をしっかり取ることがおすすめです。この中で睡眠(快眠)について少しでもお役にたてればと思います。まず1、毎日同じ時間に起きる!これが何より1番大事だそうです。これで毎日同じパターンで体内時計がくるわずに過ごせるからです。(体内時計がくるうと調子 が悪くなるみたいですよ。)*たとえ寝る時間が遅くても短くても同じ時間に起きるべきだそうです。そうするとちゃんと次の日はぐっすり眠れて前の日の疲れ もとれるそうです。2、湿気の多い、暑い夏はエアコンを26~28度ぐらいに設定して、起きる2~3時間前ぐらいに切れるようにタイマーをするといいです!すぐに眠れて、起きる前にはだんだんと部屋の温度が上昇してくるので身体も冷えずに自然に起きるようになります。*エアコンがもったいないと思って窓を開けて寝るのは×で す。窓を開けるとエアコンとは逆でだんだん と朝になってから室温が冷えていくので自分では気づかないが起きるころに体は冷えてしまうので起きるのがつらくなります。また風邪もひきやすくなります。扇風機も同じです!また身体に長時間風を当てるのも×です。*そしてどうしても眠れない!!不眠症の方にはおすすめの耳つぼ『神門と心のつぼ』があります。「神門」は精神的な緊張を取り除く働きがあり、不眠症に効きます。「心」は心の不安を取り除く働きがあります。両方を刺激することでで身体と心を落ち着かせてゆっくりと深い眠りへ導いてくれるでしょう。

東洋医学

ツボ療法の背景には東洋医学があります。東洋医学では身体の一部分だけ治すのではなく、身体全体のバランスを整えて不調な部分をなくしていきます。病気がある日突然発生するとは考えません。自覚症状がないままに、日々少しずつ身体のバランスが悪くなって、どうしようもなくくずれたときに発病すると考えます。ですから、発病する前の段階から治療して(身体全体の調子を整えること)いくのが東洋医学です。日ごろ私たちが親しんでいる西洋医学は、どこか痛いとなったらその部分のみの薬をもらって治しますね。それでは目先の症状を抑えるだけなので、また同じ事を繰り返すだけなのです。東洋医学の治療は時間がかかりますが、いろいろな不調が一掃され健康が回復していくことが多いようです。今まだ発病していない段階だけど、どこか不調を思われている方はぜひ東洋医学の治療をおすすめします。東洋医学もいろいろありますが、漢方薬はなかなか続けられないし、はりというのも少し怖いし、ツボ押しなどをしてもらうのも結構お金かかりますね。そういう方は当店がおすすめしている耳ツボシールで耳ツボ療法をしてみるのはいかがでしょうか。気軽に出来て経済的です。またジュエリーのほうはおしゃれにもなります!耳つぼジュエリーお試しはこちらで